ディフェンスプラットフォーム ホームエディション(DeP HE)
他社アンチウイルスソフト共存方法

G Data Software インターネットセキュリティ 2013

G Data Software GData インターネットセキュリティ 2013を使用中であった場合の設定方法を説明します。

DeP HEのインストールの前に

G Data Software社製GData インターネットセキュリティ 2013をお使いのお客様は、この項で説明する手順に従って設定を行って下さい。

設定後、DeP HEをインストールして下さい。


Windows XP(SP3)ご使用で、IPv6を有効としている場合

IPv6が有効のとき、DeP HEはG Data インターネットセキュリティ 2013以降と共存できません。

IPv6を無効としたのちG Data インターネットセキュリティとDeP HEを共存させるか、DeP HE単独使用としてください。

手順

1.

タスクトレイのアイコンを右クリックし、[ウイルスガードを無効にする] を選択して下さい。

stop_gdata_image01

2.

ウイルスガードを無効にする時間の選択パネルが表示されるので、[コンピュータを再起動するまで] を選択して下さい。

stop_gdata_image02

3.

DeP HEをインストールしたのち、パソコンの再起動をして下さい。

更新日時:2013/07/11

*本ページに記載されているブランド名や製品名はそれぞれの所有者の商標または登録商標です。
*本ページに表示されているパネル画像の著者権その他一切の知的財産権は、それぞれの所有者に帰属します。
*この仕様は2014年3月現在のものです。